銘木の歴史は古く、飛鳥時代へと溯ります。

当時、韓国や中国から世界の銘木(唐木)である、紫檀、黒檀、鉄矢刀(タガヤサン)、花淋、などの調度品が多く渡来しています。

天然素材の材木の中にあって特に、色、形、光沢、紋様などが優れているものを「銘木」と位置付け、高級内装材として、天井、床の間材、座敷用材等に使うようになりました。

和風建築の持つ風格と、その精練された美しさは、日本文化の真髄であり、自然が育てた天然素材「銘木」抜きには語ることはできません。